屋根・外壁診断

屋根・外壁診断

ライン
屋根診断

外壁、屋根無料診断いたします

資格を持った外壁のプロが対応いたします

こんな症状はありませんか?

●壁にひび割れがある

壁に亀裂は入っていませんか?ひび割れた部分から水が浸入して雨漏りの原因になります。また、建材自体の劣化も早めることになります。

●壁を触ると粉が手につく

壁を触ると白い粉のようなものが付くのは塗膜が劣化している証拠です。

これをチョーキング現象といいます。保護されていない外壁がむき出しになっている状態です。放置しておくと、外壁そのものが劣化していくことになります。

●ツヤがない

外壁のくすみや色あせが気になったら、塗装を考え始めた方が良いでしょう。

●サビがでている

サビの発生は、塗り替えの目安です。穴が開く前に塗り替えましょう。

●カビや藻が生えている

防水性能が低下すると、苔・カビが発生することがあります。内部に入り込む前に、早めの塗替えがおすすめです。

●シーリングがはがれている

シーリングがヒビ割れたり、はがれたり、痩せてしまっているのは要注意です。

隙間からは外壁の裏側に雨水が入りこみます。

塗替え時期の目安は約10年です。

より正確な塗替え時期は、外装材の種類や外壁がさらされている環境などによって異なりますが、外壁の劣化症状によって、正確な塗替え時期を把握できます。

外壁に当てはまる劣化症状等があれば、お早めにご相談ください。

外壁・屋根診断の必要性

屋根診断下顔写真

外壁の劣化症状を放っておくのはとても危険です。

特に塗膜の膨れ・剥がれ、ひび割れなどは、外装材やさらにその内側にまで劣化が及び、建物の耐久性を悪くしてしまう恐れもあります。

知らない間に雨漏りが発生し、建物の内部の腐食が進行していた場合、補修するためには多大な費用がかかってしまいます。

外壁・屋根診断で早期発見!塗り替えのタイミングを逃さないことで、建物を長持ちさせることができます。

また、古くなった外観を一新させて、新築当初の綺麗な状態に戻すことも可能です。

塗装の役割

塗装の役割

見た目をきれいにする為と思われがちですが、塗装の本来の目的は美観を保つことではなく、建物を保護することです。建物を塗膜によって防水し、外壁・屋根を長持ちさせる効果があります。

しかし、塗膜は雨や紫外線によって、日々劣化していきます。

それを塗り替えずに放置すると、雨漏りを引き起こしたり、内部を腐らせてしまうことになりかねません。1つでも症状がある場合は早めの外壁・屋根診断をお勧めします。

 

有限会社葵クラフトは実績と信頼のある塗装のプロです。資格を持った職人が、塗装に対する確かな知識と経験で正確な診断を行います。無理な営業はいたしません、安心して地元の業者にお任せください。